Wikipedia: Computer Power and Human Reason(コンピュータの能力と人間の理性)

Wikipedia英語版には"Computer Power and Human Reason" のページがあります。

 

Computer Power and Human Reason(コンピュータの能力と人間の理性)  

Computer Power and Human Reason: From Judgment To Calculation (San Francisco: W. H. Freeman, 1976; ISBN 0-7167-0463-3) by Joseph Weizenbaum displays his ambivalence towards computer technology and lays out the case that while artificial intelligence may be possible, we should never allow computers to make important decisions because computers will always lack human qualities such as compassion and wisdom. Weizenbaum makes the crucial distinction between deciding and choosing. Deciding is a computational activity, something that can ultimately be programmed. It is the capacity to choose that ultimately makes us human. Choice, however, is the product of judgment, not calculation. Comprehensive human judgment is able to include non-mathematical factors such as emotions. Judgment can compare apples and oranges, and can do so without quantifying each fruit type and then reductively quantifying each to factors necessary for mathematical comparison.

ジョセフ・ワイゼンバウムによる『コンピュータの能力と人間の理性:判断から計算まで』(サンフランシスコ:WH Freeman、1976; ISBN 0-7167-0463-3)は、コンピュータ技術に向けた彼のためらい・迷いが示され、人工知能が可能であるかもしれないが、コンピュータは常に思いやりや知恵のような人間の資質がないため、決してコンピュータを重要な意思決定にすべきではないという事例が提示されています。ワイゼンバウムは決定と選択を厳格に区別します。決定は計算的な活動であり、最終的にプログラミング可能な何かで、私たち人間が最終的に発揮するのは選択する能力です。しかしながら、選択は判断の産物であり、計算の産物ではありません。人間の包括的な判断には、感情などの非数学的要因を含めることができます。判定は、リンゴとオレンジを比較することができます。各々の果物の種類を定量化しない、故に数学的比較に必要な要素を還元的に定量化することなく判定を行うことができます。

 

関連情報(See also)

 

外部リンク(External links)