Joseph Weizenbaum(ジョセフ・ワイゼンバウム)

Wikipedia英語版のJoseph Weizenbaumの記事です。

ドイツに移住した1996年以降の活動はWikipediaドイツ語版の記事の方が詳しい模様。

 

Joseph Weizenbaum(ジョセフ・ワイゼンバウム)

 

Joseph Weizenbaum (8 January 1923 – 5 March 2008) was a German-American computer scientist and a professor at MIT. The Weizenbaum Award is named after him. He is considered one of the fathers of modern artificial intelligence.

ジョセフ・ワイゼンバウムJoseph Weizenbaum1923年1月8日 - 2008年3月5日ジョーはドイツ系アメリカ人のコンピュータ科学者で、MITの教授でした。 Weizenbaum Awardは彼にちなんで命名されました。彼は現代人工知能の父親の一人と考えられています。

 

Life and career(経歴)

Born in Berlin, Germany to Jewish parents, he escaped Nazi Germany in January 1936, emigrating with his family to the United States. He started studying mathematics in 1941 at Wayne State University, in Detroit, Michigan. In 1942, he interrupted his studies to serve in the U.S. Army Air Corps as a meteorologist, having been turned down for cryptology work because of his "enemy alien" status. After the war, in 1946, he returned to Wayne State, obtaining his B.S. in Mathematics in 1948, and his M.S. in 1950.[1][2]

ドイツのベルリンでユダヤ人の両親に生まれ、1936年1月にナチス・ドイツを脱出し、家族とともにアメリカに移住しました。1941年、彼はミシガン州デトロイトのウェイン州立大学で数学を学び始めました。 1942年、彼は気象学者として米国陸軍航空隊に派遣されましたが、敵国人であったために暗号研究から外されました。戦後の1946年に彼はウェイン州に戻り、1948年に数学の学士号、1950年に修士号を取得しました。

 

Around 1952, as a research assistant at Wayne, Weizenbaum worked on analog computers and helped create a digital computer. In 1956 he worked for General Electric on Electronic Recording Machine, Accounting(ERMA), a computer system that introduced the use of the magnetically encoded fonts imprinted on the bottom border of checks, allowing automated check processing via Magnetic ink character recognition(MICR).

1952年頃にはウェイン大のリサーチアシスタントとして、ワイゼンバウムはアナログコンピュータで作業し、デジタルコンピュータの製作を手伝っていました。 1956年、General Electricの電子簿記記録装置(ERMA)の開発に従事していました。このシステムでは、チェックの下端に刻印された磁気的にエンコードされたフォントを使用して、磁気インク文字認識(MICR)による自動チェック処理が可能でした。

 

In 1964 he took a position at MIT. In 1966, he published a comparatively simple program called ELIZA, named after the ingenue in George Bernard Shaw's Pygmalion, which performed natural language processing. Driven by a script named DOCTOR, it was capable of engaging humans in a conversation which bore a striking resemblance to one with an empathic psychologist. Weizenbaum modeled its conversational style after Carl Rogers, who introduced the use of open-ended questions to encourage patients to communicate more effectively with therapists. The program applied pattern matching rules to statements to figure out its replies. (Programs like this are now called chatterbots.) It is considered the forerunner of thinking machines.[3] Weizenbaum was shocked that his program was taken seriously by many users, who would open their hearts to it. Famously, when observing his secretary using the software - who was aware that it was a simulation - she asked Weizenbaum: "would you mind leaving the room please?".[4]

1964年、彼はMITで職を得ました。 1966年、彼は自然言語処理を行ったジョージ・バーナード・ショウピグマリオンにちなんで名付けられたELIZAという比較的簡単なプログラムを公開しました。 DOCTORという名前のスクリプトで駆動されるそれは、共感的な心理学者との間に似通った会話の中で人間を関与させることができました。 ワイゼンバウムは、患者がセラピストとより効果的にコミュニケーションを取れるようにするための自由な質問の使用を導入したカール・ロジャースの会話スタイルをモデル化しました。プログラムは、会話文にパターンマッチングルールを適用して、その回答を明らかにしました。 (このようなプログラムは現在、チャッターボットと呼ばれています)これは、思考機械の先駆者と考えられています。ワイゼンバウムは、彼のプログラムが多くのユーザーによって真剣に受け止められたことにショックを受けました。有名なエピソードには、ソフトウェアを使用している(つまりシミュレーションであること)を知っていたはずの秘書が被験したとき、彼女はワイゼンバウムに「席を外してもらえますか?」と尋ねたことがあります。

 

He started to think philosophically about the implications of artificial intelligence and later became one of its leading critics.[5] In an interview with MIT's The Tech, Weizenbaum elaborated on his fears, expanding them beyond the realm of mere artificial intelligence, explaining that his fears for society and the future of society were largely because of the computer itself. His belief was that the computer, at its most base level, is a fundamentally conservative force and that despite being a technological innovation, it would end up hindering social progress. Weizenbaum used his experience working with Bank of America as justification for his reasoning, saying that the computer allowed banks to deal with an ever-expanding number of checks in play that otherwise would've forced drastic changes to banking organization such as decentralization. As such, although the computer allowed the industry to become more efficient, it prevented a fundamental re-haul of the system.[6]

彼は人工知能の意味について哲学的に考えるようになり、後にその主要な批評家の一人となりました。 MITの The Tech とのインタビューでは、ワイゼンバウムは恐怖心を精緻化し、単なる人工知能の領域を超えて拡大し、社会への恐怖と社会の未来がコンピュータそのもののせいであると説明しました。彼の信念は、コンピュータは本質的に、技術革新であるにもかかわらず、基本的に保守的な力であり、それが社会進歩を妨げることになるだろうということでした。ワイゼンバウムは、バンク・オブ・アメリカと協力した彼の経験を取り上げ、地方分権化などの組織の大幅な変更を余儀なくされていた銀行が、これまでにない膨大な数の小切手を扱うことを可能にしたという理由で、主張を正当化しました。このように、コンピュータは業界がより効率的になることを可能にしますが、システムの抜本的な改革を妨げます。

 

Despite working so closely with computers for many years, Weizenbaum frequently worried about the negative effects they would have on the world, particularly with regards to the military, calling the computer "a child of the military." When asked about the belief that a computer science professional would more often than not end up working with defense, Weizenbaum detailed his position on rhetoric, specifically euphemism, with regards to its effect on societal viewpoints. He believed that the terms "the military" and "defense" did not accurately represent the organizations and their actions. He made it clear that he did not think of himself as a pacifist, believing that there are certainly times where arms are necessary, but by referring to defense as killings and bombings, humanity as a whole would be less inclined to embrace violent reactions so quickly.[6] 

何年もコンピュータと密接に協力してきたにもかかわらず、ワイゼンバウムは、特に軍隊に関してはコンピュータを「軍隊の子供」と呼んで、世界に与える悪影響を心配していました。ワイゼンバウムは「コンピュータサイエンスの専門家が防衛の仕事をしなくなることが多い」という信念について尋ねられたとき、社会的視点への影響に関して、特に遠回しなレトリックにより彼の立場を詳細に述べました。「軍隊」や「防衛」という用語は、組織とその行動を正確に表現していないと彼は信じていました。彼は「確かに武器が必要な時があると信じているの自分自身を平和主義者とは考えていないが、殺略や爆撃を意味する防衛では、速やかな報復を容認する傾向は人類全体としては少ない」ことを明らかにしました。

 

His influential 1976 book Computer Power and Human Reason displays his ambivalence towards computer technology and lays out his case: while Artificial Intelligence may be possible, we should never allow computers to make important decisions because computers will always lack human qualities such as compassion and wisdom. Weizenbaum makes the crucial distinction between deciding and choosing. Deciding is a computational activity, something that can ultimately be programmed. Choice, however, is the product of judgment, not calculation. It is the capacity to choose that ultimately makes us human. Comprehensive human judgment is able to include non-mathematical factors, such as emotions. Judgment can compare apples and oranges, and can do so without quantifying each fruit type and then reductively quantifying each to factors necessary for comparison.

影響力の大きい彼の1976年の書籍『コンピュータの能力と人間の理性(Computer Power and Human Reason)』は、コンピュータ・テクノロジに対するためらいを示し、「人工知能は可能かもしれないが、コンピューターは人の心が慈悲や知恵のようなものではないので、決してコンピューターを重要な意思決定にすべきではない」という彼のケースを明らかにしています。ワイゼンバウムは決定と選択を厳格に区別します。決定は計算的な活動であり、結果的にプログラムすることができますが、選択は判断の産物であり、計算の産物ではありません。結局、私たちを人間とするのは選択する能力によります。人間の包括的な判断には、感情などの非数学的要因を含めることができます。この判定はリンゴとオレンジを比較することができ、それは各果物の種類の定量化や必要な要素を還元的に定量化することなく実行することができます。

 

Weizenbaum was the creator of the SLIP programming language.

ワイゼンバウムはSLIPプログラミング言語の開発者でした。 

 

In 1996, Weizenbaum moved to Berlin and lived in the vicinity of his childhood neighborhood.[2][7] 

1996年、ワイゼンバウムはベルリンに移り、彼の子供時代の自宅の近隣に住みました。

 

A German documentary film on Weizenbaum, "Weizenbaum. Rebel at Work.", was released in 2007 and later dubbed in English.[8] The documentary film Plug & Pray on Weizenbaum and the ethics of artificial intelligence was released in 2010.[9]

2007年にドイツでワイゼンバウムのドキュメンタリー映画『Weizenbaum、Rebel at Work』が公開され、その後に英語で吹き替えられました。ワイゼンバウムが人工知能の倫理を語ったドキュメンタリー映画『Plug&Pray』は2010年にリリースされました。

 

Until his death he was Chairman of the Scientific Council at the Institute of Electronic Business in Berlin. In addition to working at MIT, Weizenbaum held academic appointments at Harvard, Stanford, the University of Bremen, and other universities.

亡くなるまで、彼はベルリンの Institute of Electronic Business の科学評議会の議長でした。また、ワイゼンバウムはMITでの仕事の他に、ハーバード、スタンフォードブレーメン大学、および他の大学で役職を担いました。

 

Weizenbaum was buried at the Weißensee Jewish cemetery in Berlin.[10] A memorial service was held in Berlin on 18 March 2008.

ワイゼンバウムはベルリン=ヴァイセンゼー・ユダヤ人墓地に埋葬されました。 2008年3月18日にベルリンで記念礼拝が行われました。

 

Works(業績)

  • "ELIZA — A Computer Program for the Study of Natural Language Communication between Man and Machine," Communications of the Association for Computing Machinery 9 (1966): 36-45.
  • Computer Power and Human Reason: From Judgment To Calculation, San Francisco: W. H. Freeman, 1976 ISBN 0-7167-0464-1
  • Islands in the Cyberstream: Seeking Havens of Reason in a Programmed Society, Sacramento: Litwin Books, 2015 ISBN 978-1-63400-000-0 

 

関連情報(See also)

 

参考文献(References)

  1. IEEE Computer Society, "Computer Pioneers - Joseph Weizenbaum", 1995.
  2. Joseph Weizenbaum – a biography (German) Wolfgang Löw, Leibniz-Institut für Neurobiologie, Magdeburg, Germany
  3. Remembering Joe Weizenbaum, ELIZA Creator - Artificial Intelligence - InformationWeek
  4. "BBC: Adam Curtis, "NOW THEN"". bbc. 25 July 2014. Retrieved 4 August 2014.
  5. Miller, Stephen, MIT Professor's Work Led Him to Preach the Evils of Computers, Wall Street Journal March 15–16, 2008, p. 6
  6. "Weizenbaum examines computers and society - The Tech". tech.mit.edu. Retrieved 2016-09-17.
  7. Weizenbaum. Rebel at Work. - Filmtrailer, deutsch
  8. Weizenbaum. Rebel at Work. - Filmtrailer, English
  9. Variety Film Review, Pllug & Pray,  Documentary film by Jens Schanze, featuring Joseph Weizenbaum, Raymond Kurzweil, Hiroshi Ishiguro
  10. "Jewish Cemetery – Town". www.visitpankow.de.
  11. The Article on ELIZA

 

外部リンク(External links)