Terry Winograd

Terry WinogradWikipedia 英語版の記事の翻訳です。

 

 

Terry Winograd

Terry Allen Winograd (born February 24, 1946) is an American professor of computer science at Stanford University, and co-director of the Stanford Human-Computer Interaction Group.[2] He is known within the philosophy of mind and artificial intelligence fields for his work on natural language using the SHRDLU program.

Terry Allen Winograd(1946年2月24日生まれ)は、スタンフォード大学のコンピューターサイエンスの教授であり、スタンフォード・ヒューマン - コンピュータインタラクショングループの共同ディレクターです。彼は、SHRDLUプログラムを使用した自然言語の研究で人工知能心の哲学の領域で知られています。

 

Education(教育)

Winograd grew up in Colorado and graduated from Colorado College in 1966. He wrote SHRDLU as a PhD thesis at MIT in the years from 1968-70. In making the program Winograd was concerned with the problem of providing a computer with sufficient "understanding" to be able to use natural language. Winograd built a blocks world, restricting the program's intellectual world to a simulated "world of toy blocks". The program could accept commands such as, "Find a block which is taller than the one you are holding and put it into the box" and carry out the requested action using a simulated block-moving arm. The program could also respond verbally, for example, "I do not know which block you mean." The SHRDLU program can be viewed historically as one of the classic examples of how difficult it is for a programmer to build up a computer's semantic memory by hand and how limited or "brittle" such programs are.[3]

Winograd はコロラドで育ち、1966年にコロラド大学を卒業しました。彼は1968年から1970年の間にMITで博士論文を執筆しました。プログラムを作成する際に、Winograd は、自然言語を使用できる程度の十分な "知能"をコンピュータに与えるという問題に懸念を抱いていました。Winograd は、ブロックの世界を構築し、プログラムの知的世界をシミュレートされた「おもちゃのブロックの世界」に限定しました。プログラムは、 "あなたが保持しているものよりも背の高いブロックを見つけてそれをボックスに入れる"というコマンドを受け入れ、疑似ブロック移動アームを使って要求された動作を実行することができます。プログラムは口頭で反応することもできます。たとえば、「あなたが言うブロックがわからない」などです。 SHRDLUプログラムは、歴史的には、プログラマが手作業でコンピュータの意味記憶を構築することがいかに難しく、そのようなプログラムがいかに限定的で「不安定」であるかを示す、古典的な1例として見ることができます。

 

Research(研究)

In 1973, Winograd moved to Stanford University and developed an AI-based framework for understanding natural language which was to give rise to a series of books. But only the first volume (Syntax) was ever published. "What I came to realize is that the success of the communication depends on the real intelligence on the part of the listener, and that there are many other ways of communicating with a computer that can be more effective, given that it doesn’t have the intelligence."[4]

1973年、スタンフォード大学に移り、自然言語を理解するためのAIベースのフレームワークを開発しました。これは一連の本を生み出すことになりました。しかし、最初の巻(構文)のみが出版されました。 「私が気づくようになったのは、コミュニケーションの成功はリスナー側の本当の知性に依存しており、コンピュータと通信するには他にも多くの方法があります。インテリジェンス "

His approach shifted away from classical Artificial Intelligence after encountering the critique of cognitivism by Hubert Dreyfus and meeting with the Chilean philosopher Fernando Flores. They published a critical appraisal from a perspective based in phenomenology as Understanding Computers and Cognition: a new foundation for design in 1986. In the latter part of the 1980s, Winograd worked with Flores on an early form of groupware. Their approach was based on conversation-for-action analysis.

彼のアプローチは、ヒューバート・ドレイファスによる認知主義批判に直面し、チリの哲学者フェルナンド・フローレスと会った後、古典的人工知能から移った。彼らは、1986年のデザインの新しい基盤であるUnderstanding Computers and Cognitionのような現象論に基づく視点から批判的な評価を発表しました。1980年代後半、Winogradは初期のグループウェアとしてFloresと協力しました。彼らのアプローチは、対話のための会話分析に基づいていました。

In the early 1980s, Winograd was a founding member and national president of Computer Professionals for Social Responsibility, a group of computer scientists concerned about nuclear weapons, SDI, and increasing participation by the U.S. Department of Defense in the field of computer science.[5]

1980年代初頭、ウィノグラードは、核兵器、SDI、コンピュータサイエンスの分野における米国国防総省の参加の増加を懸念するコンピュータサイエンスのグループであり、社会的責任のためのコンピュータプロフェッショナルの創設メンバーであり国家総裁であった。

In general, Winograd's work at Stanford has focused on software design in a broader sense than software engineering. In 1991 he founded the "Project on People, Computers and Design" in order to promote teaching and research into software design. The book "Bringing Design to Software" describes some of this work. His thesis is that software design is a distinct activity from both analysis and programming, but it should be informed by both, as well as by design practices in other professions (textile design, industrial design, etc.).

一般に、スタンフォードでのWinogradの作業は、ソフトウェアエンジニアリングよりも広い意味でのソフトウェア設計に焦点を当てています。 1991年には、ソフトウェア設計の指導と研究を促進するために、「人、コンピュータおよびデザインに関するプロジェクト」を設立しました。 「ソフトウェアにデザインをもたらす」という本では、この作業のいくつかについて説明しています。彼の論文は、ソフトウェア設計は分析とプログラミングの両方からの明確な活動ですが、それは他の職業(繊維デザイン、工業デザインなど)の設計プラクティスだけでなく、両方によって情報を得るべきです。

Starting in 1995, Winograd served as adviser to Stanford PhD student Larry Page,[6] who was working on a research project involving web search. In 1998, Page took a leave of absence from Stanford to co-found Google. In 2002, Winograd took a sabbatical from teaching and spent some time at Google as a visiting researcher.[7] There, he studied the intersection of theory and practice of human-computer interaction.

1995年からは、スタンフォード大学の学生であるLarry Pageの顧問を務め、Web検索を含む研究プロジェクトに携わっていました。 1998年に、ページはGoogleを共同で見つけるためにスタンフォード大学からの休暇を取った。 2002年、ウィノグラードは安息日に教授を受け、客員研究員としてGoogleにしばらく滞在しました。そこでは、ヒューマン・コンピュータ相互作用の理論と実践の交差点を研究しました。

Recently, Winograd has continued to research collaborative computing, including uses of ubiquitous computing in collaborative work. Winograd continues to do research at Stanford and teach classes and seminars in human-computer interaction. In addition to the Computer Science Dept., Winograd is associated with the Hasso Plattner Institute of Design at Stanford, also known as the "d.school", which he helped found.[8]

最近、Winograd は共同作業におけるユビキタスコンピューティングの使用を含むコラボレーティブコンピューティングの研究を続けてきました。 Winograd はスタンフォード大学で研究を続け、人間とコンピュータの相互作用の授業やセミナーを教えています。 Winograd はコンピュータサイエンス学科に加えて、スタンフォード大学の Hasso Plattner Institute of Design (「d.school」としても知られている)に関連しています。

 

Awards(表彰)

He is a Fellow of the Association for Computing Machinery (2009) [9] and received the SIGCHI Lifetime Research Award in 2011.[10]

彼はComputing Machinery(2009)のための協会のフェローであり、2011年にSIGCHI Lifetime Research Awardを受賞しました。

 

Publications(著作)

Books by Terry Winograd

  • 1972. Understanding Natural Language Academic Press, New York.
  • 1982. Language As A Cognitive Process, Volume 1, Syntax Addison-Wesley.
  • 1986. Understanding Computers and Cognition: A New Foundation for Design (with Fernando Flores) Ablex Publ Corp.
  • 1992. Usability: Turning Technologies into Tools (with Paul S. Adler) Oxford University Press.
  • 1996. Bringing Design to Software ACM Press.

 

References(参考文献)

 

External links(外部リンク)