Daniel G. Bobrow

Daniel G. BorowWikipedia 記事です。『Unix考古学』では TENEX の開発者として登場する彼は人工知能の研究者だったんですねぇ

 

Daniel G. Bobrow

Daniel Gureasko Bobrow (29 November 1935 – 20 March 2017) was an American computer scientist who was a Research Fellow in the Intelligent Systems Laboratory of the Palo Alto Research Center and created an oft-cited artificial intelligence program STUDENT, with which he earned his PhD.[1][2][3]

Daniel Gureasko Bobrow(1935年11月29日 - 2017年3月20日)は、Palo Alto Research Centerのインテリジェントシステム研究所の研究フェローであり、人工知能プログラムであるSTUDENTを作成し、博士号を取得したアメリカのコンピューター科学者でした。

Born in New York City, he earned his BS from RPI(Rensselaer Polytechnic Institute) in 1957, SM(Scientiæ Magister) from Harvard in 1958, and PhD in Mathematics from MIT under the supervision of Marvin Minsky in 1964.

ニューヨーク市生まれ、1957年に RPI で学士号、1958年にハーバード大学修士号、1964年にMITでマーヴィン・ミンスキーの指導のもと数学博士号を取得しました。

He was a developer of TENEX.[4][5]

彼はTENEXの開発者でした。

Bobrow was the President of the American Association for Artificial Intelligence (AAAI), chair of the Cognitive Science Society, Editor-in-chief of the journal Artificial Intelligence. He shared the 1992 ACM Software Systems Award for his work on Interlisp.[6] He was an ACM Fellow and an AAAI fellow.

Bobrowは、米国人工知能学会(AAAI)の会長、認知科学学会の会長、人工知能学会誌の編集長でした。彼はInterlispに関する研究により、1992年のACMソフトウェアシステム賞を受賞しました。彼はACMフェローとAAAIフェローでした。

He died in Palo Alto, California.[7]

彼はカリフォルニア州パロアルトで亡くなりました。