Computer Power and Human Reason(コンピュータの能力と人間の理性)目次

Computer Power and Human Reason の目次です。

 

  • INTRODUCTION
  1. ON TOOLS
  2. WHERE THE POWER OF THE COMPUTER COMES FROM
  3. HOW COMPUTER WORK
  4. SCIENCE AND THE COMPULSIVE PROGRAMMER
  5. THEORIES AND MODELS
  6. COMPUTER MODELS IN PSYCHOLOGY
  7. THE COMPUTER AND NATURAL LANGUAGE
  8. ARTIFICIAL INTELLIGENCE
  9. INCOMPREHENSIBLE PROGRAMS
  10. AGAINST THE IMPERIALISM OF INSTRUMENTAL REASON
  • NOTES
  • INDEX

 

同書の日本語の翻訳である「コンピュータパワー -- その驚異と脅威」の目次

  • コンピュータ精神科医”イライザ” -- はじめに
  1. 道具と人間 -- コンピュータ出現の背景
  2. コンピュータの力 -- それはどこから生まれるか
  3. コンピュータの仕組み -- プログラミングの基本原理
  4. 科学とコンピュータ・キチガイ -- 衝動強迫症の人びと
  5. 理論とモデル -- プログラムの魔術
  6. コンピュータと「情報処理」心理学 -- 「人工インテリ」の夢
  7. コンピュータと自然言語 -- 機械による「理解」とは何か
  8. 人工知能学 -- 深刻かつ雄大なる幻想
  9. 人間と社会への侵略 -- システム的思考への盲信
  10. 科学技術の傲り -- 理性の復権を求めて
  • 出典・参考文献

日本語版は幾分恣意的な翻訳に感じてしまいます。

ちなみにGoogle翻訳とエキサイト翻訳を使って直訳的に翻訳してみると…

 

  • イントロダクション
  1. 道具について
  2. コンピュータの力はどこから来るのか
  3. コンピュータの仕組み
  4. 科学と取り付かれたプログラマー
  5. 理論とモデル
  6. 心理学におけるコンピュータ・モデル
  7. コンピュータと自然言語
  8. 人工知能
  9. 不可解なプログラム
  10. 目的合理性の帝国への抵抗
  • ノート
  • INDEX 

 

"INSTRUMENTAL REASON"は「道具的理性」あるいは「目的合理性」と訳されるらしい。(ウェーバーの行為の類型